自作PC 作成

自作PC メリット・デメリット

PC自作のメリット

実際にPCを自作してみて、PC自作のメリットは次のようなものだと感じた。



自分にぴったりのパソコンができる


既製品では、どうしてもカスタマイズに限界がある。自分のほしい機能だけを凝縮した、ぴったりな一台を作りたければ、やはり自作が一番だ。いらない機能を排除することで、全体的なコストパフォーマンスも向上する。


パソコンの仕組みを理解できる


パーツを選んで組み込む作業を通して、それぞれの仕組みや関係を理解できる。一見難しそうでも、仕組みをよく理解しておけばパソコンに対する苦手意識も消えていく。


修理や改造が思いのまま


既製品は保障期間内でも自分でカバーをあけたりすると保障が効かなくなるため、安易に修理したり改造したりできない。そのため、ほんの小さな部分が故障しただけでも、メーカーに高額な修理代を払って修理してもらわなければならない。自作PCなら、手軽に修理できるばかりでなく、必要に応じた拡張・改造が思いのままにできる。

このように、自由自在にパソコンを扱えることが自作PCのメリットといえるだろう。組み立てはドライバー一本で事足りるので、ある意味プラモデルよりも簡単といえるかもしれない。


 

≪お勧めサイト≫ヒザ下脱毛

PC自作のデメリット

PC自作にはメリットが多い。しかし、既製品と比べたときにもちろんデメリットも存在する。私が感じたデメリットはこんな感じだ。

 

 

メーカー保障が受けられない

 

パーツそれぞれのメーカー保障はあるものの、パソコン全体としては保障がない。そのため、どこに問題があるのか分からないような故障に関して、自分自身で原因を特定しなければならない。とはいえ、最近のパーツは扱いやすくできていて、きちんとコネクターがはまったなら、たいてい問題なく動く。あとは必要なパーツがそろっている限り大丈夫だろう。

 


ひとつひとつのパーツを購入しなければならない


ひとつひとつのパーツを自分で選び、購入しなければならないので、人によっては面倒に思うかもしれない。それぞれのパーツの仕組みや働き、パーツ同士の関係を理解することも必要だ。とはいっても、こうしたことはやりながら自然と覚えていくし、すこし慣れてくるとPC自作の醍醐味とさえ言える作業だ。

 

つまりは、PC自作はバックアップがなく手間がかかることがあるというのがデメリットになるだろうか。それでも、既製品を購入する際にもなにかと面倒はかかる。パソコンの理解が深まることや、拡張性が高いことを考えると、それほど大きなデメリットではないのかもしれない。


コンテンツ一覧